未分類

薄利多売だけには、ならないようにする

価格設定の「松・竹・梅」をマーケティング用語では、「バックエンド」「ミドルエンド」「フロントエンド」の商品と呼びます。 商品の価格設定 ・フロントエンド商品(梅=低価格)お客様を集める入り口の商品 ・ミドルエンド商品 (竹=中価格)バックエンド商品へと繋げる商品 ・バックエンド商品 (松=高価格)利益幅が大きく経営の安定につながる 価格の設定に関しては、自分で好きに決...
未分類

価格設定は松竹梅

商品の価格を決める時には、「松・竹・梅」の3つの価格帯を設定しましょう。 ・安価で参加しやすいコース ・中間のそこそこのコース ・一番高額な贅沢なコース お客さんに選択の余地を与えてあげてください。 実は、このような価格設定にすると、多くの人は真ん中の商品を選ぶ可能性が高くなります。 さらに、「一番売れている商品はこれです」というコメントをつけたりすると、初めて...
未分類

商品ラインナップを充実させるポイント

商品を一つでも考えたら、次にそれを充実させていくことを考えてみましょう。 商品を充実させるポイントには、二つの方法があります。 商品を充実させるポイント ①商品の種類を増やす 複数の商品を組み合わせる 一つの商品を分割する ②今の商品をさらに深掘りする 商品を充実させるポイントの一つは、商品の種類を増やすことです。 想像してほしいのですが、お客さんに...
未分類

あなたの商品を欲しがる人は必ずいる

「これからビジネスを始めたいけど、どんな商品を作ればいいかわからない」 「商品を作ると言っても何をすればいいのか分からない」 そう思う場合は、まずは商品づくりのためにリストアップをしてみてください。 あなたが思いつく限り、提供できるものを全て書き出してみると良いです。 アナログ商品でも、デジタル商品でも何でもいいので、可能性があるものを全て書き出してみてください。 ...
未分類

他人に協力してもらって売上を伸ばそう

商品の販売方法としては、自分で売る、または他人に売ってもらうという二つのパターンがあります。 自分で売るということは、文字通りインターネットを使おうが、リアルだろうが、あなた自身が商品を販売する方法になります。 他人に売ってもらう方法は、個人ビジネスでは非常に重要です。 会社組織で働くのと比べると、どうしても個人ビジネスの場合には一人でやれることには限界があります。 ...
未分類

ネット販売とリアル販売

どんなに良い商品を作ったとしても、商品を売らなければビジネスとしては成り立ちません。 商品を作ったら、「どこで」「どうやって」売るか、ということをしっかりと考える必要があります。 商品の販売場所は、インターネット上とリアルの二つの場所があります。 ネット販売の場合は、ホームページやブログ、ネットショップなど販売ページを用意して商品を販売することが可能です。 最近では...
未分類

物品を売るか、サービスを売るか

商品の形態としては、「物品」と「サービス」に分かれます さらに物品は二つに分かれます。 ①アナログ商品 実際に現物として手に取ることができるもの。 例えば、食品、服、文房具、電化製品などなど。 ②デジタル商品 デジタルコンテンツ、情報商品などとも呼ばれます。 情報を商品として販売し、ダウンロードしたり、会員サイトで視聴するなど、インターネット上でやり取りできるデー...
未分類

売るものがなければ他人の商品をまずは売ろう

商品にどんな種類があるか分かったら、具体的な商品作りを始めていきましょう。 商品の制作では、自分の商品、他人の商品、コラボ商品の3種類がありますが、個人でビジネスをしていく場合には、ぜひ自分の商品は持ってほしいと思います。 例えば、私はビジネスを教えると言うことを商品にしていますが、他にも、子育てのノウハウを持っているのであれば、子育てに関する商品、ダイエットに成功した実績があ...
未分類

売るものがなければビジネスはできない

これからビジネスを始めようとする場合に、何を売ればいいのかということは多くの人が悩むところです。 でも安心してください。 実は商品というのは、誰でも簡単に作れます。 まずは、商品の種類について知ることから始めましょう。 取り扱う商品としては、色々な角度から見ることができます。 商品の制作を誰がしているかということからすると、3つのタイプに分かれます。 ◆商品...
未分類

個人ビジネスで成功を左右するポイント

これから個人でビジネスを始めようとした場合、成功を左右するポイントというものがあります。 1:商品 これはあなたが利益を得るためのものです。 商品やサービスなど様々な形があると思いますが、まずは利益を得るための商品がなければビジネスとして成り立ちません。 2:ブランディング 個人ビジネスだからこそ、あなた自身をブランド化する必要があります。 このブランディングをすること...