コンセプトの作り方

コンセプトメイキング
この記事は約2分で読めます。

ビジネスの目的の大前提を踏まえた上で、コンセプトを設計するとはどういうことか、魅力的なコンセプトとは何かということを解説します。

 

コンセプトを決めるためには、

・誰が

・誰を

・どれほど

・なぜ

・どのようにして

幸せにするのか、ということを明確にする必要があります。

 

これらは全てコンセプトの魅力に関わる質問で、一つ一つ具体的に考えていくことが、魅力的なコンセプトを考えることにつながります。

 

1:誰が幸せにするのか?

これは、誰が価値提供をするのか、誰がサービスを提供するのかを明確にすることで魅力につながります。

 

2:誰を幸せにするのか?

あなたのビジネスのターゲットを考えるのですが、誰に魅力に感じてもらいたいのかを明確にします。

 

3:どれほど幸せにするのか?

幸せの度合いが高ければ高いほどに、幸せだと感じれば感じるほどに魅力は増していきます。

 

4:なぜ幸せにしようとするのか?

活動の理由はコンセプトの魅力に関わってきます。

 

5:どのようにして幸せにしようとするのか?

どんなに素晴らしいコンセプトや夢を語っても、それが実現の可能性の無い妄想や、ただの夢物語だと思われては意味がありません。

そのため、どのようにして幸せにするのかを明確にすることもコンセプトの魅力を増すためには必要です。

 

「誰が、誰を、どれほど、なぜ、どのようにして幸せにするのか?」

 

あなたがこれからビジネスに真剣に取り組むのであれば、まずはこれをしっかり突き詰めて考えると良いです。

それにより、どんな情報を発信したらいいのか、どんな商品を扱ったらいいのかということが明確になり、どんなビジネスをするのがいいのか分からないとか、何をすればいいか分からないとかいうことが無くなっていくはずです。

 

コンセプトがはっきりしていないと、やっていることがバラバラになるとか、何をすればいいのか分からなくなるリスクも高まりますが、これをしっかりとすることでやるべき事が明確化されていきます。

 

また、ビジネスの仕組みをきちんと作ることができるので、効率的に成功できるようになります。

 

これらの5項目について、詳しく解説していきます。