「どのようにして」幸せにするのか?

コンセプトメイキング
この記事は約7分で読めます。

ここまでで、あなたが「誰を」「どれほど」幸せにするのかということを決めました。

あなたが、想定したターゲット(年齢、性別、価値観、生活パターンなど)の悩みに対して、最終的にどんなゴールに連れて行くことで、幸せにするのかを決めたということです。

 

例えば、お金や時間に縛られない自由な人生というゴールに連れて行きますとか、異性にモテるようになりますとか、外国語をペラペラに喋れるようになって海外旅行を満喫できます

などといったゴールも決めました。

 

次にターゲットをどのようにしてゴールに連れて行くのか、どんな方法、道筋でゴールへと導くのかを提示する必要があります。

 

夢だけを見せても人はついてきません。

 

どんなに素晴らしい未来を見せても、どんなに美味しい話を伝えたとしても、手段が具体的でないと、どんな方法で実現するのか、どんな道筋でたどり着くのかという理屈を理解できないと人は共感しなし、怪しいと感じてしまいます。

実現の見込みがない詐欺話だと思われるとか、夢物語だと信じてもらえない可能性が高くなってしまいます。

 

だから、なぜそのゴールにたどり着けるのかという理屈を教えてあげる必要があります。

 

説得力をもたせられるか

 

例えば、あなたが提示するゴールが「お金と時間に縛られない自由で豊かな人生」だとします。

「お金と時間に縛られない自由で豊かな人生」と聞くと、多くの人は魅力を感じるでしょう。

そして、これをあなたが提示するのであれば、そこにどうやってたどり着くのか、なぜ手に入るのかという理屈を説明します。

 

どんな方法があるのか考えてみましょう。

なお、ゴールに向かう方法は一つではないというのが重要です。

 

例えば、私は起業して自分でビジネスをすることを勧めていますが、それも一つの方法です。ビジネスで成功して自動化すれば、お金も時間も自由になる人生が手に入るので、私はそれをお勧めする活動をしています。

 

しかし、「お金と時間に縛られない自由で豊かな人生」というゴールにたどり着くための方法はこれだけではありません。

他にも方法はいくらでもあります。

 

例えば、「投資」ですが、株でもFXでも、不動産でも、仮想通貨でもいいです。

株でも、FXでも、不動産でも、仮想通貨でも大きな金額を儲けることができれば、お金も時間も自由になり、豊かな人生を手にできるでしょう。

 

例えば、「職業」ですが、ものすごく給料が高い仕事で、恵まれた職場に就職できれば、将来的には実現できるかもしれません。

年収1千万円以上の会社でバリバリのエリートサラリーマンとして働けば、いずれは手に入るかもしれないでしょう。

他にも、医者、弁護士などの資格を頑張って取れば、手に入るかもしれないでしょう。

 

例えば、「ギャンブル」ですが、カジノで一発当てて大金を手にするとか、競馬の攻略法を知って稼ぐなどでもいいでしょう。

 

最終的にゴールへとたどりつけるのであれば、全部の方法が正解です。

しかし、これでは具体性が足りません。

 

ビジネスをする上では、「お金と時間に縛られない自由で豊かな人生」を実現するために、具体性やリアリティーがあればあるほどに、お客は憧れるし、信頼します。

 

例えば、「あなたが自由で豊かな人生を手に入れることができる最善の方法は、自分の好きなことをビジネスにして起業することですよ」と、私があなたに伝えるだけではダメです。

それだけでは、起業する人はいないし、起業に対する不安や恐怖心を払しょくすることはできません。

なぜなら、起業してもゴールにたどり着く具体的な道筋が全く想像出来ないからです。

だから起業してから何をすればいいのかをもっと具体的に伝えてあげるのです。

 

起業するといっても、様々なビジネスがあります。

 

例えば、オンラインビジネスなのか、オフラインビジネスなのか?

オンラインとは主にインターネット上でのビジネスで、オフラインとは実際に店舗を構えて行う飲食店やカフェ、屋台などのリアルビジネスです。

場合によっては、この2つを融合してオン/オフ両方のケースもありますが、大別すると2種類に分けられます。

そして、そのいずれを選んでもゴールにたどり着ければ正解です。

 

例えば、インターネットでビジネスをするにしても、アフィリエイトや転売などの手法があります。

アフィリエイトにもブログアフィリエイト、メルマガアフィリエイト、ツイッター、YouTubeなど様々な手法があり、転売でも輸入転売、輸出転売、ドロップシッピング、中古品転売など様々な手法があります。

そして、そのいずれを選んでもゴールにたどり着ければ全て正解です。

 

つまり、あなたが提示するゴールにたどり着ける方法であれば、それは全て正解であり、その具体的な方法を解説すれば良いです。

 

あなたがブログとメルマガでのアフィリエイトでゴールへと導くのであれば、それに関する情報を発信して、それが最良だと伝えればいいし、転売であれば転売の情報発信をして、転売こそが最良だと伝えれば良いです。

 

投資をしているのであれば、その手法が株の場合は株を、FXの場合はFXを、不動産投資の場合は不動産投資を、仮想通貨の場合は仮想通貨をゴールにたどり着くための最良の方法として、情報発信をしてその関連商品を販売すればいいです。

 

つまり、方法は何でもいいのですが、その方法に説得力を持たせることができるかどうかが全てです。

 

道筋はどれでもいいので、あなたが正しいと信じている一番説得しやすいと感じる方法を選べばいいです。
ターゲットを決めて、ゴールを決めたら、そこに至る道筋をしっかりと整備してください。

 

 

継続性や将来性のあるストーリーを描く

 

「どのように」ということは、説得力を持たせるストーリーを描く必要があります。

 

そして、注意点として、継続性や将来性があるかどうかは重要なポイントです。

 

例えば、あなたがアフィリエイトで稼ぐ方法としてはツイッターが最良だと伝えて、その理論をステップメールにして、ツイッター関連の商品を売る場合ですが、5年先。10年先でも、その手法が使えるかどうかは分かりません。

 

出来れば、フルオートビジネスシステムは一度作れば、長期間に渡り放置できるシステムにして欲しいと思います。

1ヶ月や2ヶ月程度で定期的に作り直すことになると大変だし、全く自由にはなれません。

それでは完全な自動化とは言えません。

 

一度作れば、数年単位で放置できることが理想なので、あまりにも短期的なそのときだけの流行の手法を最終的な解決方法にすることはお勧めしません。

瞬間的な時流に乗ったその時だけたまたま流行った手法に合わせて、そのための教育をしてしまうとか、商品をオファーすると、その手法が使えなくなった瞬間に全てが作り直しになります。

商品や手法が変わると大変なので、すぐに使えなくなるようなことがないようにしましょう。

 

できれば、未来のないものや将来性の怪しいものなどは扱わず、5年先、10年先でも使えるような解決方法や道筋をきちんとストーリーで伝えるようにしてみてください。

 

理想はあなた自身が実際に実践していることです。

あなたが未経験のことの場合は、説得力を持たせるのは大変だからです。

 

例えば、あなたが経営の経験がなく、オフラインのビジネス経験もないのに、自由を手に入れるにはコンビニ経営が一番ですとか、ラーメン屋が一番ですとか言ったとしても、そこに説得力を持たせることは難しいです。

 

そのため、一度でも何らかの経験をしているものを選んだほうがいいです。

 

もしも、何も経験したことがないという場合は、情報発信をしながら、実際に自分でも少しでいいので実践してください。

 

オフラインビジネスの場合は、片手間ではできませんが、オンラインビジネスであれば可能です。

お金を稼ぐ系の情報発信をする場合は、アフィリエイト、転売、投資などは情報発信をしながら、並行して実践することもできますし、美容関連の場合は、実際に自分で商品を使ってみて、その効果を確認するとか、ダイエットや語学の習得なども実際に取り組んでみることは難しいことではないはずです。

 

あなたが見込み客の悩みを解決する手段として、お勧めする方法が最高だと提示するのであれば、その手法をあなたも実践してください。

それにより、具体例もたくさん出てくるし、実績も示しやすくなるので、説得力が高まります。

 

ゴールを決めたら、そこに至る道筋をしっかりとストーリーを描いて伝えましょう。