売れるセールスレターの8大要素

コンテンツ販売
この記事は約5分で読めます。

商品を販売するページ、セールスレターは大きく分けて2つの要素で成り立っています。

それは【ウェブデザイン】と 【コピーライティング】です。

 

今回は、その2つの要素でも特に重要なコピーライティングに絞ってお届けします。

コピーライティングとは文章作成のことです。

厳密に言うと、あなたにお伝えするのは、商品を売るための文章作成方法になるので、 セールスコピーライティングと呼ばれるものです。

 

セールスコピーライティングには欠かせない8大要素があります。

【1】ターゲットコピー

ターゲットコピーは、どんな人があなたの商品を購入するのか、顧客になるのかを書き出す項目です。

見込み客のことを理解できていないと、反応が取れるコピーは出てきません。

「何となく分かる・・・」 ではなく、具体的に言語化することで、格段に売れる文章が生まれてきます。

あなたも、本気で自分のことを考えている人と、何となく自分のことを考えてくれている人、どちらから商品を買いたいかを考えると、自然と考えるモチベーションは上がってくるはず。

世の中のほとんどの販売者は、何とな~く顧客のことを考えています。

そんな寝ぼけている販売者たちを尻目に、本気で顧客のことを考えて、トップスピードで利益を獲得してください。

 

【2】キャッチコピー

 キャッチコピーはコピーの中でもっとも重要だと言っても過言ではない部分です。

人は、自分に関係あるものにしかお金を支払ってくれません。

自分が販売している商品は、どのようなものなのか?

キャッチコピーで表明してください。

バカ売れ3原則を使ったあなたの商品は、ここで相当な力を発揮することになります。

 

【3】効果を裏付ける証拠

 証拠、エビデンスとも言われます。

大多数の人たちは、他人をなかなか信用できないもの。

いくらあなたの商品が素晴らしいものでも、その証拠がなければ見込み客は信用してくれません。

証拠として活用できる3項目をお伝えするので、自分の商品で何か出せないかを考えて

書き出してください。

ここをしっかり押さえることで

「話はわかった。じゃあ証拠は?」

という感じの人たちに対して、アプローチできます。

 

【4】他社比較

あなたの商品と、他の商品との比較。

人間はすぐに比べたい生き物です。

もっといい商品があるんじゃないか?

もっと自分にあったものがあるんじゃないか?

と、顧客が考え出すと購入するどころではありません。

そこで、こちら側から比較検討してあげて、あなたの商品の優位性を伝えましょう。

この他社比較の項目は、

<他社と比較してどうか?>

という部分になりますので、それをしっかり頭に入れて書き出してください。

 

【5】提供内容(オファー)

これは、単純に顧客が得られるものです。

何がもらえるのか分からないと、普通の人は財布を開くことができません。

〇〇がもらえるから、〇〇円出す。

これを引き出すために、提供サービスを書き出してみましょう。

書き出してみて、足りない場合、他社と比べて見劣りすると思った場合は、提供内容を増やして商品を強化してください。

コツはバカ売れ3原則を思い出してください。

 

【6】保証内容

あなたの商品の保証についての内容です。

これはバカ売れ商品作成法とも繋がってきます。

保証をつけることは、3原則の中の1つでしたよね。

保証があることで、人は安心します。

自分のことではなく、見込み客を愛する相手だと思って、自分にできる保証は全てつけてあげましょう。

常に、顧客が欲しいものを意識してください。

保証が難しい内容であれば、あとで削っても構いません。

ここでは、顧客の不安を取り除くことを第一優先とし、とにかく数を出すことが重要です。

 

【7】すぐに申し込むべき理由

「じゃあ、少し検討してみます・・・」

 というような言葉を使ったことはありますか?

多くの場合において、この言葉は買わない人の「逃げ」の言葉です。

こういう言葉を使って、先延ばしした時、最終的にほとんどの人は行動しません。

だから、すぐに決断すべき理由が必要です。

悩んでいる人の背中を押すように、今この瞬間に申し込むべき理由を、書き出してください。

 

【8】申し込まないとどうなるか

これは【7】と逆のパターンです。

顧客が得られる結果は、ここまでの項目でかなり書き出せます。

最後は、申し込まないとどうなってしまうのか?

それを書き出していく作業です。

人間は得られる結果も好きですが、それ以上に失うものに敏感です。

例えば、この講義に関して言うと、

 

【積極的に受講している場合】

仕掛ける側としてのスキルが実践的に身につき、商品販売という権利収入の柱を構築しながら、億万長者への階段をしっかり歩んでいける。

 

【受講していない、または傍観者の場合】

仕掛けられる側として、お金を払い続けることになる。

または、大多数と同じ平凡な結果しか出せない。

 

このように、得られる結果と対比させると、読み手にも理解してもらいやすくなります。

行動できないとどうなってしまうのか?

顧客のことを本気で考えて、ここでしっかり言語化してみましょう。

 

実際に8大要素を埋めるためには、それぞれに8個の小さな要素があります。

つまり、8大要素×8小要素=64要素です。

この要素については、以下の講座の中でお伝えしていきますので、ぜひご登録ください。


友だち追加