質の高い時間の使い方

未分類
この記事は約3分で読めます。

business-3190209_640

 

情報化社会の現代では、とにかく色々な情報が溢れていますが、何かをする際に「~しながら」になっていませんか?

集中するのが苦手だという相談を受けることがありますが、そんなときは、思考訓練やビジネステクニックなどよりもシンプルに一つのことだけに取り組む習慣を身につけることが大切です。
常に目の前の一つに集中して、余計なことへの意識を捨てるだけで不要な情報は目に入らなくなります。

禅の修行僧たちの日常ですが、

食事のときは食事だけする。
掃除のときは掃除だけする。
座禅のときは座禅だけする。

このように、やるべきこと以外は一切やらず、一つのことだけを行うことで思考はシンプルになり、無駄なく、日々の時間効率が上がります。

日々忙しさに追われ、あれもこれもやらなければと考える人が多いのですが、

本当に必要なことなど限られています。
必要な作業など1日に1~2個もすれば十分で、その程度であれば、ほとんどの場合は1~2時間で終わります。
楽をするために頭を使い、工夫をすることで大きな結果が出せますが、

それらは日々の小さな積み重ねで達成可能です。

ところが、たった1つの作業すらまともに進まない人は確実に頭の中の情報を整理できていません。
その症状はすぐに認識できるのですが、本人はもちろん、他人からも一目瞭然です。

物で散乱した部屋
必要なファイルが見つからないパソコン
乱雑なカバンや財布の中身
話をしていても落ち着きが無いしぐさ・・・

逆に思考の整理ができている人は身の回り、持ち物、動作もきちんとしています。
そして、作業効率や質を上げるためには「無駄をなくす」ことが重要です。
成果が出ない人は、自分に足りないものを求めますが、足りないのではなく「無駄」が多すぎることに気が付くべきです。

「他に何をすれば、成功できますか?」

ではなく、まずは今やっている無駄なことを全て捨ててください。

より良いものを生み出すためには、無駄なものは捨てていきましょう。

物、情報、思考、環境、人間関係など、あらゆる「しがらみ」が、あなたを苦しめています。

いらないものを捨てることは、誰にでもできるのでまずは捨てる勇気を持ってください。

本当に必要な最重要項目1つを残し、全てを捨てると考えると最初はかなりの違和感があります。
しかし、簡単なことからでも始めてみると、意外と簡単にできることに気が付くはずです。
試しに今日の食事は、テレビを消してスマホの電源も切って食べることだけに集中してみてください。
食べることに集中するだけでも、これまでと違う気付きを得られる瞬間が必ずありますよ^_^

色々なことを同時にやって時間効率を高める方法もありますが、それはとても高度なことなので、まずは、目の前のもっとも重要なこと以外は全てやめて一点集中する習慣を身につけて下さい。

【期間限定】豪華3大特典付き、特別講座の受講はこちらをクリック!
(パソコン・タブレット・スマートフォンからすぐに受講できます)


↓↓↓
xx

未分類
シェアする
Kenjiro Kamei Official Blog