メルマガの配信時間と配信頻度

メールマガジン基礎編
この記事は約2分で読めます。

メルマガの配信時間と配信頻度

 

メルマガの配信頻度は基本的に1日1回までを推奨します。

相当面白いメルマガでもない限りは、1日に3通も4通も同じ人からメールが届くのは、誰でもうっとうしいと感じます。

場合によっては、迷惑メールやスパムだと判断する人もいるかもしれません。

 

内容の薄いメルマガを1日に何通も配信するよりも、内容がある程度充実したメルマガを数日に1回届けたほうが、あなたのメルマガを読者が楽しみにしてくれるようになります。

但し、あまり配信間隔が空きすぎると、読者に覚えられなかったり、忘れられたり、解除されたりしてしまいます。

 

接触頻度が高くなれば読者の記憶に残りやすく、好感や親近感も得られやすくなります。

ブログと同様に、3日に1回くらいの配信ペースを保つことをお勧めします。

(ステップメールを採用する場合は、1ヶ月程度は毎日1回配信する設定をお勧めします)

 

また、配信時間を調整することで、メルマガの開封率を上げることもできます。

 

例えば、あなたがサラリーマンをターゲットにしたメルマガを配信している場合は、仕事を終えて帰宅した夜にメールを届けたほうが良いでしょう。

主婦をターゲットにしたメルマガを配信している場合は、家事が一段落した午後の時間などにメールを届けたほうが良いでしょう。

 

読者の生活リズムで読んでもらいやすい時間帯に配信時間を合わせれば、メルマガを読んでもらえる確率は高くなります。

 

厳密には、曜日によってもメールの開封率は変わります。

(例えば、サラリーマンの場合は金曜日の夜は飲み会で帰りが遅くてメールを見ないなど)

ターゲットにしている読者によって異なるので、一概に何曜が良いとか悪いとは明言できませんが、クリック解析などを導入して計測と検証をすれば、傾向が見えてくるでしょう。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

それでは次の、「メルマガ読者を増やす方法」に進んでください。

↓↓↓

メルマガ読者を増やす方法
メルマガ読者を増やす方法 情報を伝えられる人数が多ければ多いほど、商品をセールスしたときに稼げる金額も大きくなっていきます。 読者100人のメルマガと読者1万人のメルマガでは、同じ文章を書いたとしても単純計算で読者1万人のメルマガのほうが100倍稼げます。 メルマガ読者を増やす方法として、王道的なものは4 つあります。 1:ブログからメルマガに登録してもらう 2:プレ...