ランディングページの構成

ランディングページ
この記事は約2分で読めます。

ランディングページの構成

 

ランディングページは主に以下のような構成になっています。

 

 

キャッチコピー

 

 

 

 

登録フォーム

 

 

 

 

本文

 

 

 

 

登録フォーム

 

 

 

ランディングページにアクセスすると、すぐに派手なキャッチコピーが目に入り、その直後にメールアドレスを入力する登録フォームがあります。

その後に具体的な説明があり、最後にもう一度登録フォームがあります。

 

多くの場合、ランディングページは1カラムと呼ばれるサイドバーがない縦長の1ページ構成になっています。

これは成約率を高めるための工夫であり、サイドバーをなくすことで余計な情報やリンクが読者の目に入らないようにして、そのページからの離脱を防ぐ目的があります。

 

 

成約率の高い基本構成というものがありますが、ランディングページの目的や構成によっては、登録フォームが1つの場合もあれば、3つ以上ある場合もあります。

 

また、キャッチコピーと登録フォームだけで本文がない場合もあるし、サイドバーがある2カラム構成の場合もあるので、一概に全てのランディングページが同じの形ではありません。

ただし、初めて作る場合には、上記のような構成で作れば間違いありません。

 

なお、ランディングページを集めたサイトもありますので、イメージが湧かない場合は参考までに確認してみてください。

 

・ランディングページ集めました

ランディングページ集めました。
コンバージョン率の高いランディングページを作る事は、WEBデザイナーの使命。ランディングページを作るWEBデザイナーのためのランディングページリンク集です。