だらだらと時間をかけて成功できない人の間違った考え方

コラム
この記事は約4分で読めます。

先日、知り合いのコーチに商品のラインナップと価格設定のことで相談されました。

 

これまでの彼のサービスは簡単なセッションを行うコーチングのみで時間は1時間程度、価格は1回当たり1万5千円の一つだけでした。

私は主に個人事業主の方のコンサルティングをしていて、ときには100万円以上の金額で契約をしていただくことも普通にあります。

 

契約内容や価格のラインナップなどを話しているとそのコーチは、

「僕は誰かをコンサルするような自信はまだ無い」
「100万円出してもらっても満足させられるか不安」

と言いました。

 

私はそれを聞いて、少し残念に思ったのですが、考え方に大きな違いがあることに気付きました。

 

簡単に言うと、「順序が違う」ということです。

 

できるからやるのではない

learning-3245792_640

誰かをコンサルできる実力がついてからコンサルするんじゃなく、誰かをコンサルするからコンサルできる実力がつくんです。

 

同じく、100万円もらう実力が身についてから100万円もらうんじゃなく、100万円をもらい、高い成果を要求される重圧の中で頑張るから、100万円をもらえるだけの実力がつくんです。

 

これは、本当に重要な違いなので、きちんと理解してくださいね。

 

世の中の多くの人は、「自信や実力がついてから始めよう」と考えますが、それではいつまで経っても自信も実力もつきません。

 

また、同じような間違いとして、
「起業や経営ができるくらいの実力になってから起業しよう!」
というのもダメです。

 

起業や経営のスキルを身につけるために最も効率的な方法は、実際に起業や経営を体験することです。

どんなに勉強しても実践しなければ身につきません。

 

学びに投資をしないで無料で情報を探し続けている人は、恐らく成功のスピードは相当に遅いはずです。

無料に拘るよりも実際にお金を払ってでも学んだほうが学びへの投資を無駄にしたくないという意識が強くなり、実践する確率も劇的に高まるので、絶対に成長スピードが早くなります。

しかも、無駄なことをしたり、調べたりする時間がほとんど無くなるので確実に効率が良くなります。

 

商品の完成度に不安や不満を感じて、いつまでも誰にも見せず、自分一人で商品をもっと良くしようと細かな部分を修正しても、完成度はたいして高まりません。

未完成でもいいので、積極的に色々な人に使ってもらい、多くの意見や感想をもらいながら改善していくほうが、確実に完成度を高めることができます。

もしも、完成度が低い段階でクレームを受けた場合は、きちんと謝って返金すれば大丈夫です。

 

自分だけで何のリスクも負わずに勉強ばかりしている人と、誰かに教えてもらいながら、実際に商品を作ったり、売ったり、お客の生の声を聴いて向き合ったりしながら、起業や経営を体験して学ぶ人とでは、後者のほうが何倍も早く成功できます。

 

日常生活でも同じ

child-3045207_640

これはビジネスだけではなく、日常生活の中でも同じです。

 

英会話ができるようになってから海外に行こうとする人より、英語が話せなくても海外に行ってしまう人のほうが英語の上達は早いです。

自転車に乗れるようになってから自転車を買う人より、乗れないけれど自転車を買い、転びながら練習した人のほうが早く自転車に乗れるようになります。

美味しい料理が作れるまで誰にも食べてもらわない人より、下手でも誰かに食べてもらいながら料理を作る人のほうが上達は早いです。

 

適度なプレッシャーやリスクを自分に与える。

高い水準を求められる環境に積極的に参加する。

そこで、失敗を繰り返しながらでも修正・改善していけば、圧倒的なスピードで成長することができます。

 

だらだらと時間をかけて、これまで成功できてないのであれば、今の自分では少し難しいかな?と思うことに積極的に挑戦してみましょう。

 

 

P.S.

知り合いのコーチにアドバイスしたところ、早速コーチングのコースの見直しを行い、29,800円と198,000円のコースを新たに始めました。

新コースの募集を開始した初月に両コースとも売れて、申し込んでくれた人にも喜んでもらえらえているようです。
(リピートで購入してくれる人もいるようです)

単発のコーチングだけでなく、長期的なコースを望んでいる人もたくさんいて、新コースはかなり好評のようですね。

 

【期間限定】豪華3大特典付き、特別講座の受講はこちらをクリック!
(パソコン・タブレット・スマートフォンからすぐに受講できます)


↓↓↓
xx

コラム
シェアする
Kenjiro Kamei Official Blog