独自ドメイン

ブログ構築準備
この記事は約5分で読めます。

独自ドメインとは?

次に独自ドメインの取得もしましょう。

サーバーはインターネット上の土地のようなものですが、ドメインはインターネット上での住所のようなものです。

 

例えば、http://yahoo.co.jpであれば、yahoo.co.jpの部分がドメインです。

私のサイトのhttp://infreest.comであれば、infreest.comの部分がドメインです。

 

ドメインとは、http://以降の、常に変わらないURLの部分のことを言います。

ドメインによって、自分のブログやホームページの所在地を表し、インターネットユーザーがアクセスすることを可能にします。

 

ブログで使えるドメインには、以下があります。

 

1:サブドメイン形式

2:サブディレクトリ形式

3:独自ドメイン形式

 

サブドメインとサブディレクトリは、サーバー運営会社やブログサービス運営会社が提供しているドメインで、必ずその会社特有の文字列が入ります。

 

1:サブドメイン形式

例えば、FC2ブログの場合、作成したブログは必ず以下のようなドメインになります。

http://infreest.blog.fc2.com/

このblog.fc2 という部分が、FC2ブログが提供しているドメインである証です。

このような形式で表示されるドメインをサブドメイン形式と呼びます。

 

2:サブディレクトリ形式

アメブロの場合はサブディレクトリ形式です。

http://ameblo.jp/infreest/

FC2ブログでは、infreest.blog.fc2.comという部分がドメインになるのですが、アメブロの場合、全員がameblo.jpという1つのドメインを共有し、スラッシュ「/」で区切った後ろの部分で各ユーザーを識別する形になっています。

このような形式で表示されるドメインをサブディレクトリ形式と呼びます。

 

3:独自ドメイン形式

独自ドメインとは、前述のFC2やアメブロのような業者が用意したドメインではなく、会社特有の文字列が入らない自分自身が所有するドメインのことです。

http://infreest.com/

http://infreest.jp/

 

このように運営会社などの余計な文字列がない、すっきりとしたURLになります。

 

基本的には、この独自ドメインを使って、ブログを運営することを推奨します。

 

サブドメイン、サブディレクトリの場合は、無料で使えるメリットはありますが、致命的なデメリット(欠点)があります。

 

デメリット1:ドメインが使えなくなるリスクがある

サブドメイン、サブディレクトリは業者が提供しているドメインですが、その会社が倒産したり、サービスを終了したり、あなたのブログが削除されてしまうと、そのドメインは使えなくなってしまいます。
(ドメインの所有権は業者にあるため)

そうなるとドメインを変更しなければならず、せっかくあなたのブログに対して、リンクをしてくれているサイトやブログが多くあっても、使えなくなったドメインに対するリンクなので、 全く意味がなくなります。

 

そして、ブログもまたゼロの状態から作り直さなければなりません。

SEO対策(検索エンジンで自分のブログを上位表示させること)では、リンクされている数も重要な要素の一つなので、ドメインを変更してやり直すのは非常に大きな損失です。

 

また、色々なインターネット上のサービスに自分のブログを登録していても、すべてのURL を変更しなければならないので、相当に面倒なことになります。

 

だから、サーバーやブログサービスの引越しは気軽には出来ません。

 

デメリット2:SEOに弱い

Googleのキーワード検索結果に表示されるのは、基本的に1ドメインにつき4件までです。

5件目以降は表示されません。

これは、特にサブディレクトリ形式では大問題になります。

 

アメブロはサブディレクトリ形式で、ameba.jpという1つのドメインを全員で共有しています。

アメブロの利用者数は4,000万人以上もいますが、4,000万件のブログの中から、たった4件しかない表示枠を争うことになります。

 

例えば「コーチング」というキーワードで 自分のブログを上位表示させたくても、検索結果に表示されるのは、コーチング関連で力のある上位4つのブログだけで、5位以降のブログは全く表示されません。

これがアメブロはSEOに弱いと言われる理由ですが、多少記事を頑張って更新した程度ではなかなか検索結果に表示させることができません。

だから、検索エンジンからの集客は基本的に期待できません。

 

FC2ブログのようなサブドメイン形式の場合、独自ドメインと同じような扱いになりますが、多くの人が同じ業者のサブドメインを利用していると、徐々にSEOの効果は下がってくると言われています。

リスクが最も低く、SEOでの制約を受けにくいのは独自ドメインです。

 

独自ドメインは有料ですが、年間で1,000円程度と非常に安価に取得できます。

 

ビジネスをするのに、年間1,000円程度の金額すら使いたくないという人はいないでしょう。

1日当たり3円程度の投資が出来ないのであれば、ビジネスは諦めたほうが良いです。

ドメイン代をケチることでの損失は非常に大きいです。

あなたのブログへのアクセスが減るリスクや、無料のドメインが使えなくリスクからすると長期的に見て確実にドメイン代以上の大損をします。

 

これからあなたに安定して収入を毎月もたらしてくれるブログに育てるために、最低限必要の投資は必ず行いましょう。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

それでは次の、「レンタルサーバーの契約」に進んでください。

↓↓↓

レンタルサーバーの契約
このブログで推奨するサーバーはエックスサーバーです。 ↓↓↓ ◆エックスサーバー ここでは、まずエックスサーバーの契約方法を説明します。 <エックスサーバー仮契約方法> Step1:エックスサーバーのホームページを開く 下記リンクをクリックして、エックスサーバーのホームページを開きます。 ↓↓↓ ◆エックスサーバー Step2:料金プランを...