ブログの文章は読みやすさを心がけよう

ブログ記事戦略
この記事は約10分で読めます。

読みやすさを心がける

 

文章というものは、基本的にはほとんど読んでもらえないものだと認識してください。

役立つ記事を一生懸命書いているからといって、読者は勝手に増えてはいきません。

 

そして、素晴らしい内容を書いていても、読者に読みにくい文章だと思われてしまったら、即座にページを閉じられます。

 

読まれない文章は、インターネット上に存在しないのと同じです。

読者は些細なことでもページを閉じてしまいます。

 

伝えたいことをきっちりと表現しつつ、読者にストレスを与えず、流れるように冒頭から最後まで文章を読み終えてもらえるような文章を書く必要があります。

 

そのため、読者にスムーズに記事を読んでもらうためのテクニックをご紹介します。

 

頑張って書いた記事が読まれないのは悲しいので、絶対に取り入れて、簡単に閉じられてしまう記事にならないように気を付けてください。

 

 

適度な改行をはさむ

たまたま開いたブログで、いきなりこんな記事だった場合にどう思いますか?

 

文章というものは、基本的にはほとんど読んでもらえないものだと認識してください。役立つ記事を一生懸命書いているからといって、読者は勝手に増えてはいきません。そして、素晴らしい内容を書いていても、読者に読みにくい文章だと思われてしまったら、即座にページを閉じられます。読まれない文章は、インターネット上に存在しないのと同じです。読者は些細なことでもページを閉じてしまいます。伝えたいことをきっちりと表現しつつ、読者にストレスを与えず、流れるように冒頭から最後まで文章を読み終えてもらえるような文章を書く必要があります。そのため、読者にスムーズに記事を読んでもらうためのテクニックをご紹介します。頑張って書いた記事が読まれないのは悲しいので、絶対に取り入れて、簡単に閉じられてしまう記事にならないように気を付けてください。

 

改行も余白もなく、文字が隙間なくびっしりと埋め尽くされた状態です。

これでは、読み始めようとは思わないでしょう。

ほとんどの人が、これを見た時点で読むことを止めて、ブログを閉じてしまい、中身を読んでもらうことはできません。

 

これが書籍であれば、ある程度は許されたり、読まれたりしますが、インターネット上で検索をしている人の意識は集中力が低く、意識も散漫な状態が多いです。

そのため、見た瞬間に読みにくいと感じる文章は読み進めてもらえません。

 

何となく見つけたブログを開いたら、そのまま記事を読み進めてしまうような自然な流れで読んでもらえるような文章が一番良いです。

 

また、横に長い文章は読むときに左右へ視線を頻繁に動かさなければならないため、改行があったとしても疲れやすくなります。

 

文章というものは、基本的にはほとんど読んでもらえないものだと認識してください。

役立つ記事を一生懸命書いているからといって、読者は勝手に増えてはいきません。

そして、素晴らしい内容を書いていても、読者に読みにくい文章だと思われてしまったら、即座にページを閉じられます。

読まれない文章は、インターネット上に存在しないのと同じです。

読者は些細なことでもページを閉じてしまいます。

伝えたいことをきっちりと表現しつつ、読者にストレスを与えず、流れるように冒頭から最後まで文章を読み終えてもらえるような文章を書く必要があります。

そのため、読者にスムーズに記事を読んでもらうためのテクニックをご紹介します。

頑張って書いた記事が読まれないのは悲しいので、絶対に取り入れて、簡単に閉じられてしまう記事にならないように気を付けてください。

 

長い一文を書くときは、できるだけ視線を動かさなくても読めるように、いくつかの段落に分けましょう。

一例としては、以下のような感じです。

 

文章というものは、基本的には

ほとんど読んでもらえないものだと

認識してください。

役立つ記事を一生懸命書いているからといって、

読者は勝手に増えてはいきません。

そして、素晴らしい内容を書いていても、

読者に読みにくい文章だと思われてしまったら、

即座にページを閉じられます。

読まれない文章は、インターネット上に存在しないのと同じです。

読者は些細なことでもページを閉じてしまいます。

伝えたいことをきっちりと表現しつつ、

読者にストレスを与えず、

流れるように冒頭から最後まで文章を読み終えてもらえるような

文章を書く必要があります。

そのため、読者にスムーズに記事を読んでもらうための

テクニックをご紹介します。

頑張って書いた記事が読まれないのは悲しいので、

絶対に取り入れて、簡単に閉じられてしまう記事にならないように

気を付けてください。

 

この場合は視線をあまり動かさなくてもいいので、疲労せずに読み進めることができます。

これは絶対にそうしなければならないわけではないですが、読者にスムーズに読んでもらえるように、記事には適度な改行を必ず含めるようにしましょう。

 

 

また、このような書き方も良くありません。

 

文章というものは、基本的にはほとんど読んで

もらえないものだと認識してください。

役立つ記事を一生懸命書いているから

といって、読者は勝手に増えてはいきません。

そして、素晴らしい内容を書いていても、読者に読み

にくい文章だと思われてしまったら、即座に

ページを閉じられます。

読まれない文章は、インターネット上に存在

しないのと同じです。

読者は些細なことでもページを閉じてしまいます。

伝えたいことをきっちりと表現しつつ、読者にストレス

を与えず、流れるように冒頭から最後まで文章を読み

終えてもらえるような文章を書く必要があります。

そのため、読者にスムーズに記事を読んでもらう

ためのテクニックをご紹介します。

頑張って書いた記事が読まれないのは悲しいので、絶対に取り

入れて、簡単に閉じられてしまう記事にならないように気を

付けてください。

 

これは、改行の位置で文章の自然な流れを断ち切ってしまっています。

これでは文章の意味がなかなか頭の中に入ってこないので、理解しにくくなります。

 

記事を書いたら、一度声に出して読んでみてください。

声に出して読むときに息継ぎをする場所が自然な改行のタイミングです。

 

※スマホからの読者が多い場合は、スマホ対応として文章を途中で改行しないほうが読みやすいので、アクセス解析からパソコン表示を優先させるべきかスマホ表示を優先させるか判断してください。

 

 

重要な部分を強調する

読者を飽きさせずに記事を読んでもらうためには、文章に多少のメリハリがあったほうが良いです。

 

全て同じ文字の色や大きさでは、何となく惰性で記事を読み流してしまい、あなたが本当に伝えたい部分に気づいてもらえない可能性があります。

記事の中で絶対に読んでもらいたい部分、訴えたい部分、重要な部分は、太字にするか、色を付けて強調してみましょう。

 

文章というものは、基本的にはほとんど読んでもらえないものだと認識してください。

役立つ記事を一生懸命書いているからといって、読者は勝手に増えてはいきません。

そして、素晴らしい内容を書いていても、読者に読みにくい文章だと思われてしまったら、即座にページを閉じられます。

読まれない文章は、インターネット上に存在しないのと同じです。

読者は些細なことでもページを閉じてしまいます。

伝えたいことをきっちりと表現しつつ、読者にストレスを与えず、流れるように冒頭から最後まで文章を読み終えてもらえるような文章を書く必要があります。

そのため、読者にスムーズに記事を読んでもらうためのテクニックをご紹介します。

頑張って書いた記事が読まれないのは悲しいので、絶対に取り入れて、簡単に閉じられてしまう記事にならないように気を付けてください。

 

これだけでも印象は大きく変わります。

読者もこの記事で何を伝えたいのかをすぐに理解することができます。

ただし、絶対にやり過ぎないでください。

 

「私の記事はどこも重要な部分ばかりだ!」と思うかもしれませんが、あまりに多くの部分を強調してしまうと、逆に何を伝えたい文章なのか分かりにくくなります。

 

文章というものは、基本的にはほとんど読んでもらえないものだと認識してください。役立つ記事を一生懸命書いているからといって、読者は勝手に増えてはいきません。

そして、素晴らしい内容を書いていても、読者に読みにくい文章だと思われてしまったら、即座にページを閉じられます。

読まれない文章は、インターネット上に存在しないのと同じです。

読者は些細なことでもページを閉じてしまいます。

伝えたいことをきっちりと表現しつつ、読者にストレスを与えず、流れるように冒頭から最後まで文章を読み終えてもらえるような文章を書く必要があります。

そのため、読者にスムーズに記事を読んでもらうためのテクニックをご紹介します。

頑張って書いた記事が読まれないのは悲しいので、絶対に取り入れて、簡単に閉じられてしまう記事にならないように気を付けてください。

 

ここまで赤字を多用すると、基本の文字色が赤になってしまいます。

これでは重要な部分の強調になってないだけでなく、うっとうしさを感じます。

それに、こんなに多くの部分を強調されても、まず覚えてもらえません。

 

強調する場所は、本当に重要な個所だけをピンポイントで指定してください。

 

なお、色の使い方にも注意があります。

 

文章というものは、基本的にはほとんど読んでもらえないものだと認識してください。

役立つ記事を一生懸命書いているからといって、読者は勝手に増えてはいきません。

そして、素晴らしい内容を書いていても、読者に読みにくい文章だと思われてしまったら、即座にページを閉じられます。

読まれない文章は、インターネット上に存在しないのと同じです。

読者は些細なことでもページを閉じてしまいます。

伝えたいことをきっちりと表現しつつ、読者にストレスを与えず、流れるように冒頭から最後まで文章を読み終えてもらえるような文章を書く必要があります。

そのため、読者にスムーズに記事を読んでもらうためのテクニックをご紹介します。

頑張って書いた記事が読まれないのは悲しいので、絶対に取り入れて、簡単に閉じられてしまう記事にならないように気を付けてください。

 

このような明るすぎる色はあまり目に優しくありません。

肝心な部分が読みづらくなり、強調する用途にも適していないので、何もしないほうがまだ良いでしょう。

これでは読まれずにページを閉じられてしまう可能性も高まります。

色をたくさん使いすぎると、重要な部分が分からなくなってしまうので、カラフルすぎるのはダメです。

 

例えば、人ごみの中で、全員がバラバラの色の服を着ている中に赤い服を着た人が混じっていてもたいして目立ちませんが、お葬式で全員が黒の服を着ている中に一人だけ赤の服を着た人が混じると、どんなに目立たないようにしようとしても確実に目立ちます。

 

それと同様で、基本的に黒字で書いている文章の中に、ピンポイントで赤字などの目立つ色を使えば、そこを一番強く強調することができ、読者の視線を引き付けることができます。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

それでは次の、「ブログ記事を書く際の注意点」に進んでください。

↓↓↓

ブログ記事を書く際の注意点
初心者目線で書く どのジャンルでも、人数が一番多いのは初心者です。 そのため、記事を書く際はできるだけ初心者にも分かるように書いてあげる必要があります。 人は特定のジャンルに詳しくなると、どうしても専門用語を多用してしまう傾向があります。 しかし、あなたも経験したことがあると思いますが、意味のわからない専門用語が頻繁に出てくる記事は読む気をなくします。 分...