ランディングページに書く内容について

ランディングページ
この記事は約2分で読めます。

ランディングページに書く内容について

 

ランディングページには様々な長さがあり、どれくらいの長さが最適なのかという正解はありません。

読者がステップメールへ登録する行動を起こしてくれるだけの情報量があれば十分です。

 

多くの場合が無料登録なので、数行程度のキャッチコピーだけで登録されることもあるし、動画を1つだけ貼り付けているだけの場合もあります。

 

基本的な考え方ですが、ランディングページでは登録後の内容について、あまり具体的な解説をする必要はありません。

特に重要な部分に関しては、ぼかした表現を用いるテクニックが必要です。

 

ランディングページの中で詳しく解説しすぎてしまうと、その時点で読者の好奇心が満たされてしまい、目的である登録作業をしてもらえないリスクがあります

肝心な部分は登録した後のメールや資料で説明する流れにしたほうが登録率は確実に上がります。

ランディングページの本文では、読者の好奇心と期待を高めることに専念してください。

 

・どんなものが手に入るのか?

・読むことでどうなれるのか?

・登録後の情報、プレゼントにどれほどの価値があるのか?

・どれだけ面白いのか?

・なぜ登録するべきなのか?

 

嘘を書くのは良くないですが、少しくらいであれば、うさん臭いとか怪しいと思われるくらいの表現で注意を惹きつけても構いません。

不信は後からでも晴らせますが、登録してもらえなければそこで終わってしまいます。

 

ランディングページの最大の目的は見込み客のメールアドレスを取得することです。

 

教育や信用の獲得は目的ではないので、読者の不信感を取り除いたり、基礎知識を与えたり、価値観を変えたりする教育に関しては、メールアドレス登録後のステップメールで行うことで問題ありません。