ビジネスを成功させるには「0」から「1」が最も重要

アメブロ集客
この記事は約5分で読めます。

あなたは、ビジネスで最も重要なことは何だと思いますか?

聞いたこともあるかもしれませんが、「0」を「1」にする段階です。

要するに、一番最初の部分です。

今回は「0」を「1」にする段階についての重要なポイントを解説していきます。

「0」→「1」を達成できず9割が挫折

何らかのビジネスを立ち上げ、仕組みを構築し、少額でもいいのでファーストキャッシュを得るまでの工程が「0」を「1」にする段階です。

しかし、残念ながら9割近い人はこの壁を突破できず消えていきます。

実際問題として、「1」を「100」にするよりも、「0」を「1」にする方が難易度は相当に高いです。

しかし、これを越えて成長しなければ、成功はありません。

 

起業と経営は全く別物

色々な人を見てきましたが、起業と経営は全く別物だということに気が付いていない人が非常に多いです。

ビジネス書を読んでいる人の多くがまともに起業できないでいるのは、実は経営について学んでいるからです。

これは、「1」を「100」にする部分です。

起業と経営は別物で、成功の仕組みが全く違うので、経営ばかり学んでいても、独立起業を達成することなどいつまでもできません。

 

最初は一点集中

起業で成功している人の多くに共通していることは、集中して行動して短期間で結果を出すということです。

「0」を「1」にするためには、相当なエネルギーが必要です。

これは、必要な部分にエネルギーを一気に集中させ、一気に壁を壊していくようなものです。

「時間がある時に少しずつ自分のペースでやります」なんて人は、ほぼ全員が結果を出せずに終わります。

その理由は、本来一番エネルギーが必要な時に必要な場所に集中させないからです。

最初の壁さえ突き破れば、その後にのんびりと自分のペースで仕事ができるように変わるのに、それではいつまでも壁を壊せず、今いる世界から抜け出せません。

 

「起業」の際の重要ポイント

「0」から「1」の「起業」の際の重要ポイントは、「基礎部分」の早期構築です。

これはビジネスだけではなく、あらゆることに共通しますが、基礎は本当に大切です。

サッカーでもそうですが、メッシやクリスチアーノ・ロナウドのスーパープレーは、その技術だけではなく、土台として圧倒的な基礎能力があることは、誰にでも分かります。

 

副業としてビジネスを始める人は多いですが、そのような人たちが、たったの1円すら利益を出せずに消えていったり、グレーな手法や迷惑行為に進んで行くのは、小手先のテクニックだけに振り回され、基礎能力を高める努力をしないからです。

ことわざにもありますが、急がば回れです。

楽ばかりしようと考えていては、結果は出ないのです。

 

「0」を「1」にした経験がない

基本的にほとんどの人が「0」を「1」にした経験はありません。

学校も会社も、既に何らかの基礎が整っている中で活動をスタートします。

だから、多くの場合はすでに「1」以上の状態から始めていきます。

そのため、いざ「0」を「1」にしようとすると、自分一人ではどうすればいいのか分からなくなってしまうのです。

 

確実に「0」を「1」する方法

起業を成功させるためには、エネルギーが短期集中で必要ですが、そこで重要になるのが明確なアクションプランです。

いくらエネルギーを集中させようとしても、何をすればいいのかよく分からない状態ではどこに集中すればいいのか分からず、エネルギーの無駄使いになってしまいます。

いわゆる空回りです。

毎日のアクションプランが明確にあり、全体の中のどこに取り組んでいるのか明確に分かっていれば、不安や迷いなく、作業に集中することができます。

そして、それは「結果を出している人」しか教えることができないことです。

 

私のコンサルティングプランでは、月に100万円を稼ぐことを目標にしていますが、それでも「0」を「1」にする部分を徹底して学んでもらい、確実に壁を壊して、その先に進んでもらうプランです。

最初の壁さえ突破してしまえば、その後は楽になります。

私はこれまでに、わずか数年の間で自動車販売店、セミナー事業、コーチ・コンサルタントなどのビジネスをまったくのゼロから立ち上げてきました。

そして、短期間で「0」を「1」にしてきた起業のプロとしての自覚があります。

 

0→1の次に1→100に取り組む

最初の壁を突破できれば、次は「1」を「100」にするべく進んでいくのですが、まずは「1」まで達成できたら、独立は成功同然ですので全体のバランスを考慮し、お客さんとの関係性の強化をして、ビジネス全体をさらに向上させればいいです。

 

そして、ビジネス自体は死に物狂いでする必要はありません。

「起業」の壁の先にある「経営」に進んだ場合は、バランス感覚が重要になってくるので、死に物狂いで突き進んでいては周りが見えずに、仕組みを壊してしまいます。

 

なお、絶頂を極めた億万長者が転落していく姿を見ることもありますが、あれは壁を突破した後も、変わらずにずっと「0」を「1」にするための行動を取り続けて死に物狂いで突き進んでしまった人の末路です。

 

「起業」と「経営」は別物です。

この2つを勘違いして、混ぜ合わせて考えてしまうので、行動もおかしくなり、うまくいかない人が後を絶ちません。

この2つの違いはきちんと理解してください。

 

まとめ

「0」を「1」にするには、エネルギーが必要ですが、やり方さえ分かっていれば、特に難しくはありません。

ビジネス自体は、難しい専門知識やスキルも必要ありません。

ほんの数ヶ月でいいので、本気で集中して実践するだけで、残りの人生が自由にも豊かにもなるので、やらない理由はないと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

それでは次の、「アメブロ集客から始めて最短最速で独立する方法」に進んでください。

↓↓↓

アメブロ集客から始めて最短最速で独立する方法
好きなことでお金を稼いで、将来的に独立できるくらいの成功であれば、そんなに難しくありません。 私は今でもプロのマーケッターが多数君臨しているビジネスの世界で活動していますが、個人の方が好きなことをビジネスにして活動するためのサポートをして様々な業界に参入してみて感じたのは、本当にライバルがいないということです。 少し拍子抜けしたんですが、本当に誰もビジネスのことを知りません。 ...

【期間限定】豪華3大特典付き、特別講座の受講はこちらをクリック!
(パソコン・タブレット・スマートフォンからすぐに受講できます)


↓↓↓
xx

アメブロ集客
シェアする
Kenjiro Kamei Official Blog