アメブロで売れる記事の書き方

アメブロ集客
この記事は約8分で読めます。

いくらアクセスを集めて、ブログ記事が読まれても「つまらない」「役に立たない」と思われたら読者は定着しません。

そのため、定着する読者を増やすことの方が、目先のアクセス数より重要になります。

 

読者が定着していれば、毎日のアクセス数が安定します。

そして、アクセス数が安定するということは、ブログに訪れて数秒で離脱した人ではなく、記事をしっかりと読んでいる人がある程度いるということです。

 

今回はブログ訪問者にしっかりと読んでもらえる文章の書き方を解説していきます。

 

なぜ読者が定着しないのか?

では、読者が定着しない文章とはどんなものでしょうか?

それは、知識提供「だけ」をしている文章のことです。

ビジネス目的でブログを活用する場合は、もちろん知識提供は大切です。

しかし、それだけでは読者は定着してくれません。

理由は、つまらないから・・・。

 

大学教授などは分かりやすい例です。

彼らは膨大な知識を持つ学問の権威であり、その話を聞けることは本来とても素晴らしいことなのですが、そのほとんどが人気はありません。

なぜなら、堅苦しい話だけを聞きたい人など、ほとんどいないからです。

テレビ番組もそうですが、堅苦しい教養番組などは、だいたい視聴率が低いのが当たり前です。

それに、知識提供だけをされると人は、なぜか悪い印象を受けてしまうこともあります。

 

人が読みたくなる文章

それでは、人が読みたくなる文章はどうやって書くのか?

それは「経験」や「ストーリー」で語ることです。

経験で語るとは、提供する知識は自分がどう実践してどんな結果になったのかを話すのです。

 

ここには、数字が含まれているとさらに良いです。

具体的な数字で表現するとイメージしやすく、客観的事実を伝えることもできるので信憑性も増します。

 

「こうすればメルマガに登録してもらえます!」だけでなく、

「こうすると、私は1日で5人メルマガ読者が増えました!」という感じです。

知識提供が多い場合は、抽象的な内容から具体的に説明できるので、読者に伝わりやすくなります。

 

ストーリーで語る方法

次に、ストーリーで語るとは?

これは提供したい知識内容と1日の出来事を掛け合わせます。

 

例えば、マーケティングを教える場合ですが、ショッピングモールに行って、売れている店舗と売れていない店舗を見て感じた事をマーケティングの目線で解説します。

反応が良いコピーライティングの手法として「日常をユニークに表現する」ということをしますが、ストーリーで語るとはまさにこれと同じです。

 

人はストーリーが好きです。

ストーリーは読まれやすく、イメージしやすく、そして何より、人はストーリーを信じます。

インターネットを使ってビジネスをする場合には、直接的に相手が見えない場合も多いので、信頼関係の構築がとても大切なのですが、自然とそんな関係になれることが、ストーリーの魅力です。

 

この2つを意識して文章を書くと非常に反応が良いのでぜひ実践してみてください。

 

この内容を含めて、具体的な4ステップでの文章の書き方をお伝えします。

 

読者に読まれる文章の『 型 』

wallet-3200394_640

 

読者に読まれる文章の『 型 』を紹介します。

・STEP1:意外性のある意見の提示
・STEP2:理由
・STEP3:具体例
・STEP4:まとめ

この流れを守って書いていくと間違いなく反応の取れる文章ができます。
それでは、それぞれ解説していきます。

 

STEP1:意外性のある意見の提示

例えば、お金の話をする際に、「貯金は無駄」だと提示します。

多くの人は、貯金をすることは当たり前だと思っているので「えっ?なぜ?」と疑問に思います。

これが意外性です。

 

STEP2:理由

続いてそれに対する意見として、何年もかけていくらお金を溜め込んでみても、どこかでそのお金を使う時がきます。

当たり前ですが、使った時点でそのお金は無くなり、手元には残りません。

そして、再度同じ金額を貯めるにはまた膨大な時間が必要になる。

貯金だけをしている人は、お金を増やす術を持ってない。

お金を増やす術を持たない人は、結局は今持っているお金をほとんど使えないし、使えなければ無いのと対して変わらない。

少しずつ貯めていくよりも、大きく稼ぐ方法を今から学ぶべきでは?

そうすると、いざ貯金を使い切るくらいの出費があったとしても、またすぐに同じくらいのお金を稼ぐことができる。

だから、いつでもお金を稼ぐことができるので、例え無一文になっても、お金で悩むことは無い。

なぜなら、またすぐに大金を稼ぐことができるから。

 

STEP3:具体例

1千万円以上も貯金をしていたけれど、新築の一軒家を購入し、住宅ローンは35年の長期コースで手元のお金はあっという間に消えていき、ローンの返済に追われ続け、いつまでもお金が貯まらなくなった人の話や、破産状態に追い込まれたアメリカの不動産王ドナルド・トランプが、たった1年でまた億万長者に返り咲いた話など。

他にも、毎月1万円を貯金して1年後に貯まっているのは12万円で10年間で120万円しか貯まらない。

でも、1万円を運用した場合、月利1%、3%、5%それぞれで同じく10年後には、以下のような金額になります。

1%= 232万円
3%=1157万円
5%=7306万円

このように数字を含めた具体的な事例を提示します。

私自身、貯金をしている意識はほとんどありません。

ただ、物欲もなく、服や時計、アクセサリーなどもほとんど買いませんので、勝手に貯まっていきますが・・・。

仮に今日これから無一文になり、これまでの人間関係を全て失っても、3ヶ月程度でサラリーマン以上の収入を得られる仕組みを作ることはできます。

そのための具体的な方法は、いくつでも持っています。

など、自分自身の話を例にして、話すのも良いでしょう。

 

STEP4:まとめ

チマチマと貯金をするより、今から自分自身のスキルアップに投資をして、いつでも好きなだけお金を稼ぐことができる力を手に入れるべきだ!

 

かなり大まかな流れになりましたが、これが一連の流れです。

意外性のある意見を提示することで読者に興味付けをし、理由を説明して、先を読みたくなるようにします。

具体例により、イメージしやすくし、客観的な事実も含めて信憑性を増していきます。

 

そして、最後に一連の流れをまとめて価値観を共有します。

すんなりと読み終えることができれば、次の記事もまた読みたいと思ってくれる可能性が高くなります。

この「 型 」を使うことで、あなたの文章に説得力が増します。

 

そして、読者はあなたに興味を持ちます。

記事を読んでくれる読者も増えるのでメルマガの登録率も上がります。

文章の書き方というのは、人それぞれ自由ですが書き慣れないうちや、書き方が分からない場合はまずは、この「 型 」を使ってみてください。

 

記事が増え、コンテンツが出来上がれば、ブログもしっかりとした形になります。

アクセスも集まることで、売れるブログの土台が出来上がります。

あなたがビジネスをするための土台です。

この土台がしっかりと出来上がっていれば、今後お話しするテクニックの効果が最大限の威力を発揮することになりますので、ぜひしっかり作り込んでみてください。

 

文章を書けないときの対応方法

paper-3052246_640

パソコンの前に座り、さあ文章を書こうと思っても頭の中でまとめきれないことがあります。

そんな時には一旦パソコンを閉じ、紙とペンを準備して下書きをする事をお勧めします。

下書きとはいえ、一字一句を全て書くのではなく、

・テーマ
・概要
・流れ

この3つを書けるだけでも十分です。

 

パソコンからはブルーライトというものが出ていて、これは人間の交感神経を刺激し、意識を覚醒させる働きがあります。

パソコンを使っていると、人は呼吸が浅く途切れ途切れになり、落ち着きがなくなることや
脈拍にも変化が出ます。

目の筋肉が硬直して、常に緊張状態になります。

つまり、頭の中を整理するには適さない状態です。

そのため、一度パソコンを閉じてみて、リラックスしたうえで頭の中を整理してください。

 

そして、テーマ、概要、流れの3つを意識しながら紙に下書きをしてみましょう。

それを見ながらパソコンのキーボードで打ってみると驚くほど簡単に文章が書けるようになります。

そんなことをすると、時間がかかりそうだと思うかもしれませんが、「急がば回れ」というように文章が書けずに、悩み続けるよりは無駄な時間が省けることが分かります。

そして、記事の質も全体的に上がります。

 

私のクライアントさんでも、もともと文章を書くのが苦手だと言っていた人の8割以上はこれで書けるようになってます。

パソコン作業ばかりだと、目や肩もこりまくりで体にも良くありません。

かなり有効な方法ですので、ぜひ試してみてください。

なお、文章を読む場合もパソコン上では紙に比べて、理解度が3分の1程度まで落ちるそうです。

 

まとめ

読まれる文章はストーリーを織り交ぜて、以下の順番で書くと良いです。

・STEP1:意外性のある意見の提示
・STEP2:理由
・STEP3:具体例
・STEP4:まとめ

この流れを守って書いていくと間違いなく反応の取れる文章が書けるので、ぜひ取り入れてみてください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

それでは次の、「アメブロで成果を出すために意識すること」に進んでください。

↓↓↓

アメブロで成果を出すために意識すること
アメブロを使って成果を出すためには、ある程度決まった作業を行うだけでいいです。 そして、成果を出すためには意識すべきことがあります。 今回はアメブロを使って成果を出すために意識すべきポイントを解説します。 ビジネスはシンプルで簡単 はっきり言いますが、ビジネスは難しくありません。 才能、学歴、経験などは関係ありません。 今では、高校生でも起業し、社長にな...