価値のあるお金の使い方

未分類
この記事は約3分で読めます。

仕事柄、色々な経営者に会うことがありますが、お金の使い方はとても大切だと改めて感じることがあります。

価値観は人により異なりますが、本質的な使い方をみんな知っていますね。

逆に、お金に困る人ほど使いもしない便利グッズを買ったり、食べきれない量の食材を安いという理由で買い込んで結果的には、大きな損をしています。

お金に「困り続ける」人の特徴ですが、見た目の金額が高いとそれらを選択肢から除いてしまい、安い物にしか目が行かなくなり、安物買いの銭失いのことわざを実行している人が多いですね。

現在、大きな収入を得てる人は、貧乏な時期でもお金の使い方が上手だった人が多いです。
お金をどこに集中させればいいのか、価値のある使い方を知っていたということです。

文筆家として成功をし、100冊以上の本を出版している千田琢哉さんは新入社員の頃から、
靴と本にお金を投資したそうです

特に靴は、10万円以上する高級なジョンロブを履いて、エグゼクティブクラスの方と会っていて、

「若いのに無理してジョンロブを履く面白いやつだな」

という感じで、可愛がられたとのことです。

経営者の方は、靴や時計などの雑学が大好きな人も多く、結果的に、成功に近づく使い方をしていたわけです。

これは別に高級な靴を買いましょうと言う話ではなく、価値のある使い方を理解して、必要な投資としてお金の使う場所を集中する意識を持つ必要があるという意味です。

優秀な経営者は、常に「選択」と「集中」を意識します。

最重要ポイントを見極め、選んだポイントに集中していきます。

千田琢哉さんは、初任給でジョンロブを買いましたが、それ以外の食費などを削って生活したようです。

色々なことに分散させるのではなく、最重要ポイントに経済活動も一点集中させる。

必要なお金というのは、意外とそんな選択と集中で捻出できたりするものです。

食費を削ると健康問題を気にされるかもしれませんが、正しいファスティングをしたり、秘伝豆など中心の食生活は健康的な体を手に入れることもできます。

それらは極端な例になってしまいますが、安上がりで健康的な方法なので、もしもメタボが気になるなどダイエットが必要な体型であれば、検討してみるといいですね^_^

これから先、豊かな人生を手に入れたいのであれば、今ある収入の中で経済活動を一点集中させるだけでかなり満足のいくものを得られるはずです。

「住居」を最重要とする場合は、他の消費を削って家賃にお金を払う。

「服装」を最重要とする場合は、他の消費を削って、理想の洋服を手にいれる。

中途半端に無意味な消費を繰り返していては、成長などできません。

中途半端な消費の先には、中途半端な未来しかないです。

普通の思考の先には、普通の未来しかないです。

思い描く理想の未来を本気で手に入れたいのであれば、多少のことを犠牲にしてでも、真剣に考えるべきです。

あなたの理想の未来として手に入れたい最重要の価値は何ですか?

それを手に入れるため、それ以外のものを捨ててもいいと思えるものであれば、

手に入れるために一点集中するだけの価値が必ずあるはずです。

そこにお金を使うことで、理想の未来を手にすれば、毎日が今よりも豊かで充実したものに変わることは間違いないですよ^_^

 

【期間限定】豪華3大特典付き、特別講座の受講はこちらをクリック!
(パソコン・タブレット・スマートフォンからすぐに受講できます)


↓↓↓
xx

未分類
シェアする
Kenjiro Kamei Official Blog