アメブロのデザインカスタマイズにお金をかける意味は無い

アメブロ集客
この記事は約4分で読めます。

あなたはアメブロのデザインをカスタマイズしたら集客できると考えていませんか?

最初に結論からお伝えしますが、綺麗なデザインにカスタマイズしても集客できるわけではありません。

最低限のカスタマイズはやらないよりもやったほうがマシですが、お金をかけてまでやる意味は今ではなくなりました。

アメブロを使っている人をコンサルすることがよくあるので、「カスタマイズした方がいいですか?」と聞かれる機会は非常に多いのですが、カスタマイズにお金をかけても集客できるようにはならないので、「簡単にはめ込めるテンプレートを使うだけでいいですよ」と伝えています。
※ビジネス利用の場合は、アメブロ標準のテンプレート以外をお勧めしています。

 

デザインは集客に全く関係がないとは言いませんが、一番重要な部分ではないので、そこにあまり力を入れる意味はありません。

 

ビジネスはデザインよりもコンテンツ重視

business-3190209_640

アメブロのデザインをカスタマイズしたがる人や、ホームページやブログのデザインに拘りたい人はかなり多いのですが、個人がビジネスで使う場合は後回しで構いません。

大企業など資金力のある会社がホームページやサイトを作って、一気に認知を拡大してサービスを大掛かりに展開していくような場合でなければ、個人ブログのデザインの優先度は低いです。

最低限の見た目になっていれば、あまり拘る必要はなく、コンテンツ重視で考えたほうが良いです。

 

特にブログ記事の内容が薄い場合や、記事数が30記事以下のブログの場合、ほとんど読まれないので、どんなにデザインが素敵でも完全に無意味です。

デザインよりも先に、あなたの商品やサービスが誰に向けたものなのか、何をどのように提供しているのか、提供されたお客がどうなるのか、などがしっかり発信できていなければ、どんなに見た目を整えても集客はできません。

参考記事:コンテンツマーケティングの重要性は理解しよう

 

スマホで見ると全部同じなので意味が無い

smartphone-3363490_640

あなたはアメブロをスマホで確認したことがありますか?

見たことが無い場合はすぐに確認してみてください。

 

スマホで見た場合には、カスタマイズした内容は全く反映されないので、徹底的にカスタマイズしたブログも、何もしていないブログも見た目は同じです。

アメブロが標準で用意しているテンプレートによって多少の違いはありますが、どんなにお金をかけてカスタマイズをしてもスマホで見たら大差ありません。

 

ブログを見るスマホユーザーの比率は今や7割を超えているので、パソコンユーザーだけに見えるアメブロのデザインカスタマイズにお金をかけてもあまり意味はないことが分かるはずです。
今後もスマホ比率はさらに高まるので、費用対効果を考えると効果的な投資ではないと判断できます。

 

アメブロはあなたのものではない

house-2368389_640

アメブロのデザインをカスタマイズするためにお金をかけても、そのブログの所有権はあなたのものではなく、アメブロの運営会社であるサイバーエージェントのものです。

 

あなたがブログのデザインをカスタマイズするのは自由ですが、ブログが削除された場合などはあなたがどんなにお金をかけていたとしても費用は戻ってきません。

これは例えて言うと、アパートなどの賃貸物件に住んでいて大家に無断で勝手にリフォームして立ち退きを命じられた場合に、どんなに文句を言ってもリフォーム代が戻ってこないのと同じです。

 

アメブロを利用している人は、個人でビジネスを始めたばかりの人や、ビジネスで満足いく金額を得ていない人も多いと思います。

そんな状況の中で、投資効果の低いデザインカスタマイズにお金をかけるのはメリットが少なすぎるのでやるべきではありません。

 

まとめ

人は見た目が九割などと言われ、確かに見た目は大切ですが、ブログの場合は見た目が良くても中身がスカスカであれば、読者になってもらうことも、リピート訪問されることも、商品やサービスへの申し込みにつながることもありません。

そのため、デザインに重点を置くよりも、まずは内容の見直しに目を向けましょう。

 

あなたが集客できない理由は、デザインが問題ではなくコンテンツの内容が薄くて、役に立たない記事ばかり書いているからではないですか?

 

ブログはしっかりとしたコンセプト設計、ペルソナ設定をして、訪問した読者に響く記事を書いていくようにしなければ、いつまで経っても読者の反応は得られません。

自己満足なブログではなく、ぜひ読者目線で「このブログこそ私が探していたものだ!」と思ってもらえるようなブログを目指してみてください。