100万円稼げる「コンテンツの作り方」

コンテンツ販売
この記事は約4分で読めます。

本日は新たな内容をお伝えします。

 

ズバリ!

【バカ売れする商品の作成方法】

です。

 

普通に売れるのではなく、
バカ売れしてしまう、せざるをえない、
商品の作成方法をお届けします。

 

レポートもご用意しているので、
下記のURLから詳細をご確認ください。

友だち追加
 

私は、1商品作れば、最低でも
100万円の売り上げを立ててきました。

 

【1つの商品作成=100万円以上】

 

なぜこのような方程式が成り立つのか?

 

多くの商品が数十万円しか売れない中、
なぜ常に安定したヒットを飛ばせるのか?

 

実は、大多数の販売者とは、一味違う
商品作成の方法があるからなのです。

 

私が月収100万円以上の売上を叩き出すために
主にやっていることは基本的に3つしかないと
1回目のレポートでお届けしました。

 

そして、その中でも一番
こだわっているのは今回お届けする
商品の作成方法です。

 

それに対して、コンテンツ販売の業界では
過剰なコピーライティング信仰があります。

 

それを否定する気はありませんし、
私もコピーライティングは大好きです。

 

ですが、正直な話、
商品の作り方を間違っていると、
いくら一流のコピーライターが書いたとしても
平凡な結果に終わります。

 

作り方を間違った商品は売れないのです。

 

当たり前といえば当たり前なのですが、
コピーライティングを信仰しすぎるが故に、
誤解が生じているようです。

 

しかし、事実として、

石ころを100万円で売る。

ということも、コピーライティングを極めれば可能です。

 

しかし、それは一般的な目線でみると詐欺です。

社会理念から外れた邪道の稼ぎ方です。

 

中身のないもの、喜ばれないもの、
求められていないものを、無理やり洗脳して売る。

 

こういう邪道がまかり通ると、
コンテンツ販売業界はどんどん詐欺師たちの
巣窟だというレッテルを貼られます。

 

それは一部の悪質な販売者以外、
誰も望んでいないことだと思うのです。

 

どうせコンテンツビジネスをするのなら、
顧客が求める商品を正しく作成し、
最高のコピーライティングで販売して、
感謝されながらガンガン稼いでほしいと考えています。

 

私は、月間100万円以上の金額を
販売していますが、これまで一度たりとも
消費者センターに苦情を言われたことはありません。

 

売れるのは大前提で、顧客に感謝される商品の全てを
ここで語り切ることはなかなか難しいのですが、
売れる商品の原理原則はしっかりまとめたので、
必ず確認していただきたいと思っています。

 

意外と知られていませんが、
コンテンツ(情報商品)の作成を極めるだけでも、
月100万円は稼げます。

 

ぜひ、今後の活動のヒントにしてください。

 

友だち追加

 

コンテンツ(情報商品)は、
1度作ってさえしまえば、
様々なメリットを得ることができます。

 

1つ例をあげるとすれば、

データ商品なので、在庫を抱えず、
半永久的に販売することができる。

というのは、大きなメリットだと思います。

 

通常、一般的なビジネスでは、
商品を作るために莫大な予算がかかりますし、
在庫も抱える必要があります。

 

しかも一度作ってしまってからだと、
修正も追加もできません。

 

コンテンツ(情報商品)であれば、
常に改善を繰り返しながら、
市場のニーズに合わせることができます。

 

だから、以前の講義でもお伝えしたように、
完璧主義にならず、改善主義になることが、
商品作成の1つの秘訣です。

 

まずは作ること。

作ったら改善すること。

 

これを繰り返すだけでも、
顧客が求める商品ができます。

 

企業で取り組まれている場合も、
個人で取り組まれていても、
商品の作成方法に変わりはありません。

 

商品を作る、販売する、稼げる。

 

この基本の流れの源流である、
商品作成をマスターして、
ご自身の莫大な利益に繋げてください。

 

友だち追加

 

これまでお届けしてきている講義を
まだ確認できていない場合は、
下記の一覧からご確認ください。

 

なぜ、インフォトップランキング上位の人たちは、
ずっと上位であり続けることができるのか?

 

なぜ、一部の販売者だけが億単位を稼ぎ、
多くの販売者はあまり稼ぐことができないのか?

 

全ての謎の答えは、
特別講義の中にあります。

 

友だち追加