ビジネスは副業でも本業のつもりで取り組む

マインド
この記事は約3分で読めます。

ビジネスをこれから始める人にとっては、既に何らかの仕事をしていて副業で始める人の方が多いと思います。

もちろん最初は副業で取り組むでも良いです。

 

好きなことをビジネスにして、しっかりと収益化できるようになるまでは、今の仕事を本業として働きながら、基盤が出来るまでは副業でも十分です。

しかし、副業だとしても、取り組む意識が「副業だから」という気持ちのままでは成果を出すことは難しくなります。

 

副業でも本業意識

tie-690084_640

副業で成果を出すために重要な意識としては、副業でも本業意識でやるということです。

あなたが取り組む市場にライバルが全くいない状態であれば副業意識のままでも問題ないかもしれませんが、すでにあなた以外で本業として取り組んでいる人がいるのであれば、あなたが副業意識のままで取り組んだとしても成果を出すことは難しいはずです。

これは専業でやっている人に対して副業では勝負にならないというわけではなく、意識の問題についてです。

 

副業意識による甘え

empty-coffee-cup-2211075_640

好きなことで収益を得たいと考える人が成果を出せない原因の多くは、「副業だから」という意識を持ったまま取り組んでしまうことです。

それにより、取り組む姿勢に甘えが必ず現れてしまいます。

作業に対する甘え、対応に対する甘えが必ず出ます。

「副業だからできなくても仕方ない・・・」
「副業だから分からなくても仕方ない・・・」
「副業だから予定通り進まなくても仕方ない・・・」
「副業なのに、そんなことを言われても・・・」

そういった甘えは必ずビジネスを進めるペースを遅くし、提供する商品、サービスの質を低下させてしまい、収益につながらない状況へと陥ります。

 

個人事業主になるということ

paper-3154814_640

これからビジネスを始めるのであれば、個人事業として取り組むことになるはずです。

実際にビジネスで成果を出し、収入を得るようになれば確定申告も必要になるので、個人事業としての届出や納税の義務も発生します。

 

例え、副業で始めるとしても意識としては個人事業主として、そのビジネスに取り組む姿勢としては本業だという意識を持つ必要があります。

これは副業から始めて、成果が出るようになったら会社を辞めて、そのビジネスを本業にしなさいということではありません。

本業自体はこれまでと同じで会社に雇われて続けても構いませんが、ビジネスに取り組む以上は最初から本業を二つにするという意識を持つということです。

 

ビジネスに取り組む以上は副業意識ではなく、本業を二つ持つという意識にすることで、あなたのビジネスに対する取り組み方は変わります。

 

まとめ

ビジネスを行う以上は、副業だとしても本業意識を持って、真剣に取り組んでみてください。

個人事業主として、そのビジネスに責任を持って取り組む意識を持っていれば、日々の行動もきちんとしたものになるはずです。

 

これからビジネスに取り組む中で、「副業だから」という甘えが出ていると感じたときには、「そのビジネスだけを本業として取り組んでいる場合に、それでいいのか?」と自問してみてください。

ビジネスで成果を出すことは難しくはありませんが、「副業だから」という甘えた意識のままでは、成果が出るペースも得られる金額も望むようにはならないので、ぜひ気を付けて意識してみてください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

次は、「ビジネスで得られる収入は与えた価値で決まる」へ進んでください。
↓↓↓

ビジネスで得られる収入は与えた価値で決まる
ビジネスをしている中で、なかなか成果が出ない場合にどうしても考えてしまうことがあります。 「こんなに頑張っているのに、どうして成果が出ないのだろう?」 あなたもこんなことを考えたことがありませんか? 実際に私も起業して、初めて自分自身でビジネスを始めた時にはそう考えることがありました。 しかし、このように考えてしまうのは、しっかりとしたマインドができていないからです...