ビジネスで失敗する思考パターン

未分類
この記事は約2分で読めます。

store-984393_640

 

私は今まで、かなりの人からビジネスの相談を受けています。

ビジネス自体の考え方は、何をする場合でも成功するための「型」があるので、最後まで話を聞かなくても、成功するか、失敗するかはすぐに分かります。

それで、まず間違いなく失敗する人のパターンですが、「商品優先」で考えている事が多いです。

これは、「良い商品だから売れる!」と思い込んでいるのです。

このような思考の人たちは、何かビジネスを始める場合、まず一番に「何が売れるか」を考えます。

「そんなことは、当たり前だろ!!」

と思うでしょうが、この思考では確実に失敗します。

実は、商品は何でも構いません。

重要なことは「商品」ではなく「販売ノウハウ」です。

プロのマーケッターは、色々な商材を数多く扱いますが、それらには関連性などありません。

私の知り合いは、ビジネスノウハウ、英語の教材、ダイエット教材、ゴルフ教材、など様々な商材を扱っていますが、どれも同じことをしています。

私のクライアントさんも、扱っている商材は多種多様で統一性がないですが、私が伝えることは常に同じです。

どんなに商品が違うものでも販売のプロセスは、どれも同じです。

これは、非常に重要なポイントですが、「何を売るか」ではなく「どうやって売るか」

私が今まで見てきた中で、この視点を持てない人は、例外なく失敗しています。

特に多い例ですが、ネットワークビジネスをしている人は、「商品優先」で考える傾向が強いようです。

サプリメントを扱っていても全然売れないので、日用品に変えたら売れると考え、別のネットワークに入会・・・

それでも売れないので、今度は格安旅行だったら売れるだろうと考え、また別のネットワークに入会・・・

これは完全に、「商品優先」で考える人の思考です。

そうではなく、大切なことは、いつの時代でも通用する普遍的な「販売ノウハウ」です。

これを身につけていれば、どんな商品でも好きなだけ売れるようになります。

今の時代は「良い商品を売る」ことは当たり前であり、商品が良いものだといくら主張しても無意味です。

私は今までに数多くの商品を販売してきましたが、その方法はどれも同じです。

集客をして、信頼関係を築き、売り込まずに買ってもらう。

これはインターネット上でのビジネスに限定されるものではありません。

飲食店、美容室、サロン、小売店・・・

どこであろうと全て同じです。

だから、売りたいと思えば、何でも売れます。
(悪用は厳禁です!)

これがマーケティングのスキルであり、本来ビジネスを学ぶとは、このような意味です。

【期間限定】豪華3大特典付き、特別講座の受講はこちらをクリック!
(パソコン・タブレット・スマートフォンからすぐに受講できます)


↓↓↓
xx

未分類
シェアする
Kenjiro Kamei Official Blog